ニュースリリース

~KNT-CTホールディングスはオマツリジャパンとお祭りで地域観光を盛り上げます~
日本初のお祭り専門のサポート会社「オマツリジャパン」と業務提携

HD18-21号

 KNT-CTホールディングス株式会社(本社:東京都千代田区 取締役社長:丸山 隆司)のグループ会社であるクラブツーリズム株式会社(本社:東京都新宿区 取締役社長:小山 佳延)は、新しいお祭りツアーの開発等により、地域観光を活性化することを目指して、日本初のお祭り専門のサポート会社である株式会社オマツリジャパン(本社東京都新宿区 代表取締役 加藤優子、以下オマツリジャパン)と業務提携し、実務レベルで連携してまいります。
「お祭り」を軸としたツアー商品開発に関する業務提携は今回が初めてです。


オマツリジャパン サイトイメージ https://omatsurijapan.com/

 クラブツーリズムでは、これまで数多くのお祭り観覧ツアーの企画実施を手掛けてきており、豊富な経験とノウハウを持っています。オマツリジャパンは「祭りで日本を盛り上げる」を理念に、お祭りに関するサポートサービスを進める日本初の祭り専門会社で、主に祭りのコンサルティング、プロデュース、祭りを活用した観光プロモーション、WEBプラットフォームによる情報発信等を通じて全国の祭主催者や自治体、地元企業と様々な取組みを進めています。 今回、両社の連携により「お祭り+α」のコンテンツを協業で開発し新しい「お祭りツアー」を造成いたします。

 具体的には、オマツリジャパンは、お祭りのプロデュース力、全国の主催者とのネットワークや地域のコミュニティとの関係を活かし、お祭りに実際に参加する体験(衣装の着付けや踊りなどの講習、祭りに必要な道具の制作体験、神輿や行列参加のレクチャーなど)や、お祭りへの参加を通して地元の住民との交流ができるコンテンツ開発をコーディネートいたします。
 クラブツーリズムでは、多様化するお客様のニーズにも対応する新しいコンテンツを盛り込んだ、従来とは違う満足度の高い貴重な体験ができる「お祭りツアー」を造成し、お客様にご提案してまいります。
 この取り組みの第一弾として、9月1日にクラブツーリズムより会員向けに発行する旅のカタログ「地域ヨンナナ-守りたい日本の祭り-」及びウェブサイトに掲載・発売するツアーの一例を以下にご紹介します。
http://www.club-t.com/fes/


左:9/1発行 パンフレット表紙    右:「-守りたい日本の祭り-」特集ページ (前号)

■ツアー名:奇祭「悪態まつり」に参加 日帰りツアー (コース番号:JR199-988)
■出発日:2018年12月16日(日)
■行程:午前:新宿出発~那珂湊(海産物お買い物)や酒列磯前神社などに立ち寄ります。
       昼:大洗にてあんこう鍋の昼食
     午後:笠間・愛宕神社にて奇祭「悪態まつり」参加し、帰路へ(夕刻、新宿着)
     ※ツアー中、地元観光協会の方による「悪態のつき方レクチャー」あり。
■旅行代金:おひとりさま8,990円
■企画箇所:首都圏バス旅行センター

悪態まつり
日本三大奇祭の一つと言われている12月16日に茨城県笠間市の愛宕神社が主催する祭りで、16カ所の祠に供え物をして回る白装束の天狗に対して、参拝者が「ばかやろう!」「早く歩け!」など楽しく愉快に罵声を浴びせ合いながら、真剣にお供え物を奪い合う日本でもここでしか体験できない奇祭です。

 現在日本には、約30万件の祭りがあると言われており、各地の祭りは地域の歴史や文化を体感できる素晴らしい観光資源です。ところが近年では、少子高齢化による人口減少の影響等により、祭りの運営に関するヒト・モノ・カネの課題を抱えている地域が数多くあります。

 今回の業務提携による「新しいお祭りツアー」によって、観光客の誘客促進による関係人口の増加や「コト消費」を拡大させ、お祭りをきっかけとした観光振興や地域経済の活性化に取り組みます。

 今後もこのような取り組みを拡大して、付加価値の高いお祭りツアーの開発を進めるとともに、若年層に向けお祭りツアーのアプローチをはかっていくため、オマツリジャパンのWebサイトにクラブツーリズムの「日本の祭りツアー特集」サイトを連携させる予定です。
 さらに、KNT-CTホールディングスのグループ全体で推進する着地型観光(「タビナカ」観光)との連携、法人や訪日外国人旅行客に向けた展開も見据え、様々な取り組みを推進してまいります。

 KNT-CTホールディングスでは、この業務提携を通して、ひとりでも多くのお客様を日本全国のお祭りにお出かけいただき、地域と一緒になってお祭りを盛り上げ、地元の経済を活性化による地域貢献のお手伝いをしてまいります。

ページトップへ