社会貢献活動

2015年12月05-06日

「気仙沼で漁師のお手伝い!」を実施しました

「気仙沼で漁師のお手伝い!」を実施しました

 12/5(土)~6(日)宮城県気仙沼市唐桑町にて、東日本大震災復興支援活動として「気仙沼で漁師のお手伝い!」をKNT-CTホールディングスが実施しました。

 東日本大震災で津波は三陸一帯に非常に大きな被害をもたらしました。漁業においても、漁具の流出やトラウマなどを招き、漁師離れを助長し、日本でも有数の漁場だった気仙沼は「漁業文化」の衰退を深刻な問題にしました。震災から4年経過した現在でも、「漁業の衰退」のみならず「街の衰退」「漁業の後継者不足」という問題は深刻化しています。牡蠣の収獲の繁忙期である12月に現地の漁師の仕事を手伝うことで被災地への支援を行いました。

 1日目は、気仙沼市の被災地の現状をしるため、内湾地区や、階上地区などを見て周りました。
 2日目は、水揚げした牡蠣の耳つり(ロープに吊るす作業)や牡蠣に付着した物を取り除く作業をおこないました。

ページトップへ