ディスクロージャー・ポリシー株式情報

1. 基本方針

当社は、投資判断に影響を与える決定事実、発生事実、決算に関する情報等、有価証券の投資判断に重要な影響を与える事項が発生した場合、金融商品取引法等の関連法令ならびに、東京証券取引所の定める適時開示規則に従い、情報開示を行っています。また、適時開示規則等に該当しない情報についても、株主・投資家のみなさまにとって重要な情報であると判断されるものにつきましては、公平かつ正確な方法で積極的に開示していきます。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)で公開します。公開した情報は開示後速やかに報道機関に同一の情報を提供するとともに、当社のホームページにも掲載します。また、適時開示情報に該当しない情報につきましても、適時開示の趣旨を踏まえて、報道機関やホームページを通じて、公平かつ正確に開示します。

3. 業績予想および将来の見通しについて

当社が発表する将来の計画、見通しについては現時点で入手可能な情報に基づき判断しています。したがって、実際の業績等は様々なリスクや不確定要素の変動等により見通しと異なる結果になる可能性があります。

4. 沈黙期間

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までの一定期間を沈黙期間としております。ただし、この期間中に業績予想を大きく修正する見込みが発生した場合には、適時開示規則に基づき開示します。なお沈黙期間であっても、すでに公表されている情報に関するお問い合わせ等につきましては、対応します。